So-net無料ブログ作成

BH5 M1加湿器を車内に設置 [メンテナンス LEGACY BH5]





総走行距離 不明

年末年始休暇を利用して仙台の実家に帰省していました。

休暇中に家族2名(嫁、長男)がインフルエンザB型が発病してしまい熱がまだ引かない体調が万全ではない状態で東京に戻る事になりました。

帰路の車内で少しでもウィルスの活動を抑えるために、車内で使用できるコンパクトな加湿器を購入しました。

Amazonで1500円程度で販売していたM1加湿器を購入です。私は、常時車内エアコンONにしています。理由としては、人間が吐き出す息によりウィンドウの内側が曇ってくるため、除湿のためにかけています。

IMG_6682.JPG

今回の帰路では、エアコンOFFにして、外気導入で温度を設定してヒーターだけかける事にしました。エアコンはOFFにしました。この設定ですと、車内で加湿器をつけてもウィンドウの内側が曇る事なく車内の湿度を上げる事が出来ました。サービスエリアで休憩して車内に戻ってくると、明らかに湿度の高い車内に戻ってきたなと感じました。

中のタンクの水は、大体4時間で空になります。その時は、水道水をまた補充すればOKです。また、筐体の上部はLED照明が有り虹色に色が変わるので夜のドライブでは綺麗な照明を見る事が出来ます。

この加湿器のおけげかどうかは分かりませんが長時間、インフルエンザウィルスの保菌者と一緒に車内にいましたが、なんとかインフルエンザにかかる事なく帰宅出来ました。

また、空間除菌用にクレベリンのボトルも車内に置いています。こちらは実際に、我が家の脱衣所に設置していてカビの発生を抑える事が出来ましたので車内にも置いています。車内のエアコンを内気循環にして、エアコンのエボパレーターなどのカビ発生を抑える事が目的です。

クレベリンの取扱説明書には、狭い閉じた空間での使用は控えるように注意書きが有ります。このように車内で使用される場合は、あくまでも自己責任でお願いします。





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。