So-net無料ブログ作成

アイサイト・ツーリングアシスト体感試乗プログラム [くるま]








六本木ヒルズ前の特設会場で開催されている
スバルのアイサイト・ツーリングアシスト体験試乗プログラムに参加して来ました。
DSC_0022.JPG
事前にインターネット上で申し込みを行い、抽選により参加者が決定されたとのこと。
どのくらいの応募が有ったかはわかりませんが当選しました。
DSC_0028.JPG
簡単なアイサイト試乗に関する説明を受けてから、ヒルズ地下の駐車場へ向かいます。
今回の高速道路を使った試乗は全国でも初めての試みとの事です。
DSC_0030.JPG
私が試乗したのは、レヴォーグ1.6 STi スポーツというグレードで、
1.6Lの直噴ターボDIT + リニアトロニックCVTになります。
車種の選択は自分では出来ないようで主催者側で決まります。
DSC_0038.JPG
試乗は、スバルの方と同乗になり、六本木ヒルズの駐車場から、
首都高、湾岸線を経由して、辰巳PAまでは、スバルの説明員が運転します。
一般道では、アイサイトは利用出来ず、あくまで高速道路でのシステムだそうです。
DSC_0032.JPG
途中、芝公園付近のきつめのカーブが続きますが、アイサイトが、
前の車に追随してレーン内を上手くキープして行きます。
レインボーブリッジ経由で辰巳PAまでの間、怖いシーンもなく到着。
DSC_0033.JPG
ここで運転を交代していよいよハンドルを握ります。
合流に注意しながら9号線に入り福住インターまで向かいます。
合流後、アイサイトをセットしてアシストモードへ。
手は軽くハンドルに添えて、右足もアクセルペダルから離します。

ゆるいコーナや微妙なアップダウンもアイサイトが運転アシストしましたが
穏やかな運転であり特に不安はありません。ブレーキもカックンブレーキではなく
熟練したタクシードライバーのようなブレーキング。

運転席のインジケーターは一回説明を受けただけでは理解が難しかったですが
表示のアイコンは、上手く内容をイメージできるデザインとなっていると思います。
私のBH5とは圧倒的にメーター内の情報量が多いです(ずーっと見ていると疲れますね)。
福住インターまでは、ハンドル操作もアクセル操作もなしです。
ただし、10秒間、ドライバーによるハンドル操作がないと、アイサイト自身が
警告を出してドライバー主導のシステムであることがわかります。

福住インターで一度首都高を降りて、すぐに一般道でUターンして再び首都高に乗ります。
ウインカーをあげて一般道に降りるタイミングでアイサイトがキャンセルされますので
再度、高速に乗るまでは、自分で運転します。

福住インターに乗る時に、勾配を上がりながらの加速となりますが、4,000回転ぐらいまで
回して見ましたが、モーターのように良く回るエンジンです。また、低速トルクも1,000回転ぐらいから出力が盛り上がっており、1,500回転からはずっとフラット特性です。
DSC_0040.JPG
街中のゴーストップではかなり運転しやすいのではないでしょうか。これならBH5のようにスタートダッシュで軽自動車に置いて逝かれることもありません。

STiスポーツということもあり足回りは硬いというイメージでしたが
実際に乗った感じでは、首都高のきつめの段差も不快感なく超えてショックを吸収してます。
硬性はスバル車ですから高く何よりボディが軽く感じられます。

芝浦PAで再び、ハンドルをスバルのドライバーへ交代してもらい試乗終了。
六本木ヒルズの地下駐車場へ向かいます。
私が、運転した距離は、だいたい15kmぐらいでしょうか。
試乗コースとしては、長い距離を運転できたと思います。

今回は、1.6Lターボでしたが、動力性能はこれで十分ですね。
高速道路でジャーマンセダンとバトルするには、2.0Lターボがお勧めです。
オプション装備では、フロント、リア、左サイドのカメラがお勧め。
バックや雨、夜間の運転時には使えそうです。

今回の試乗では、ツーリング・アシスト機能は、悪天候時や視界が悪い状況など
運転により注意が必要なシーンでは特に有効な運転支援システムと思います。
DSC_0039.JPG
STiだからと言って変なゴツゴツ感や段差時の突き上げは皆無で、
車内も私のBH5と比べると静かです。これなら雪の仙台へ帰省するときも、
東北自動車道を走行する疲労度も軽減されそうですね。

やはり、新しいツーリングワゴンはいいですね。
次も購入は四輪駆動のツーリングワゴンでしょう。





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車