So-net無料ブログ作成

おっぱいバレー DVD鑑賞 [映画]

運動会の疲れを癒しながらTSUTAYA DISCASで送られてきた「おっぱいバレー」のDVDを家族で観ました。

青春コメディーという感じでしたが、話はシンプル、でも筋はしっかりと通っていて好印象で面白かったです。何より、時代設定を1979年としていて、思い切り昭和の青春時代の懐かしい曲(歌謡曲)が流れてきます。
浜田省吾、甲斐バンド、チューリップ、ピンクレディ、キャンディーズ、世良正則&ツイスト、e.t.c.

また、画面に登場する車がこちらも懐かしい昭和の香りが。
トヨタセリカ1600GT、いすゞ117クーペ、スカイライン(箱スカ)、ブルーバード、コロナ、パブリカ、スバル360(流石にこれは古すぎるか)

画面一杯に車を映し出すのを観て、これは明らかに監督狙っているでしょうと勘繰りたくなりますね。
懐かしい車と歌謡曲、まったくおじさんホイホイなつぼを押さえた演出にやられてしまいました。

たびたび流れる浜田省吾「風を感じて」、最後のシーンのキャンディーズ「微笑みがえし」 参りました。




Easy Rider 1969年  [映画]

DISCASで送られてきたEasy Rider (1969年アメリカ)のDVDを観ました。
内容は割愛しますが、結末が衝撃的で良くも悪くも心に残ります。

途中、これでもかと思われるほど当時の米国の病んだ一面が描かれていて
これは、当時の観衆には、どのように受け止められたのか、考えさせられました。
とりあえず、いわゆるハリウッド映画とは、全く違うインパクトを持っていると感じました。

難解な部分もありましたが、良い部分としては、
あの、あまりに有名なBorn To Be Wild (ワイルドで行こう)の曲に合わせて、
アメリカの雄大な風景の中を2台のオートバイがまったりと気持ちよく走り抜ける様が長い時間描かれます。
まさに、GT Ground Touring という感じです。
こんなところを自分の車で走ってみたいですね。

それと、ピーターフォンダがカッコいい!です。
ハーレーダビドソンのチョッパーバイクも最高にいいっ!
1252196887.jpg

重力ピエロ [映画]

DVDで見ました。
話の内容はともかく、何気にステーションワゴンがたくさん登場。
監督、ステーションワゴンが好きなのでしょうか?

・レオーネツーリングワゴン
 主人公の父が若いころ乗っていた市役所の公用車。

・VOLVO 850(?)
 若いころの主人公の父が乗っていた。家族で乗っているシーンがあり。

・レガシィツーリングワゴン(BG)
 晩年の父が乗っていたと思われる。乗っているシーンは無いが、駐車場に止まっていた。

・セドリックワゴン
 主人公の弟が乗っている。

映画アバター3D吹替版を観て酔ってしまった [映画]

今日、遅まきながら、アバター3Dを映画館で観てきました。
20時からでしたが、席には、10名程度でがらがら。

観て30分ぐらいで船酔いのようになり気分が悪くなり特殊メガネはずしてました。
よっぽど途中で帰ろうかと考えましたが我慢して最後まで。
メガネ外すとスクリーン映像が明るいし。
映画自体は面白かったが、それほどいいかといわれると疑問。
上映時間も長すぎる。

シガニーウィーバーはあまり老けない女優ですね。
戦闘ヘリのパイロット役の女優が良かった。